Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本やエッセイ、絵、現代詩などを載せていきたいと思っています。

「明日できることは今日するな」 <イスラム>

表題は、イスラームのことわざである。この言葉には、大きな知恵が宿っていて、現代のような気忙しい世の中では、こんな言葉は間違いだという人もあるだろうが、人が生き延びていくためには、よくよく考えてみれば、明日という日をしっかりと信じていなければ本当には生きていけない。経済的で効率的な観念よりも人を重視すれば、よく、飲み込める言葉のはずである。


「迷ったら、せぬが良い。これ生き延びる道ぞ。」これは一言芳談抄にある、徒然草にも引かれている言葉である。わたしは、座右の銘を持たないが、この言葉にはずいぶん助けられたことを覚えている。


「進歩よりも円熟」、これはわたしの祈願である。


最初は分からない <クラシック音楽>

セゴビアという名ギタリストがいる。ある友達がその人を当然のごとく絶賛しているのを聞き、早速買って聴いてみたが、良さがさっぱり分からなかった。1930年代くらいの古い録音で、多分SP番からの復刻だろう、録音状態の悪さもあって、何がいいんだろうと思っていた。それに、演奏自体も取っ掛かりのない弾き流しの演奏のように聞こえた。


それから、五年くらい経った頃だろうか、パソコンに入れて置いたのを、なんとなく聞き流していたときに、ハッとその魅力に気付き感動した。今では、もっともよく聞く演奏のひとつになっている。


ベートーヴェンも大学生の頃、買って聴き、後期のピアノソナタやカルテットは一部だけ除いて、最初は何か得体の知れない言語でも聴いているように聞こえ、少ない小遣いから折角大金を出した(当時1万5千円くらいだったと覚えている)のに、買って失敗したと思ったくらいである。


ベートーヴェンは後期だけでなく、初期の有名な作品18の6曲のカルテットも最初はまるで分からなかった。何がいいんだろうと首を捻ったくらいである。


グールドのバッハのヴァイオリンソナタやチェロソナタの演奏もそうだった。


芸術は、音楽だけではなかろうが、初見や初聴だけでは、どうしても分からないものがあるようである。


ある著名なクラシックなりが、わたしには分からないまた、つまらなかったという言葉を聞くと、わたし自身はいつも心の中で、この人には辛抱というものが足りないなといつも思う。


これは、広い意味でのクラシックだが、「罪と罰」を中学生の時に読み、つまらなかったのでロシア文学全体をあれはつまらないものだと平然と批評して憚らない高校の国語教師に出会ったものだが、この人は決して文学に対する感受性の欠けた人ではなかった。読んだ時期がいけなかったのである。小学生の時に「罪と罰」を読んだという高校生にも出会ったものだが、これは完全に肥料の与えすぎであって、ただ読んだというだけで、なんにもならなかったようである。


芸術との出会いは、人物との出会いに似ている。こちらにある程度の用意がなければ、ただ、素通りされてしまうだけのもののようだ。


「鏡の国のアリス」ルイス・キャロル 新潮文庫

作者のルイスは数学者です。作品は、物語好きなルイスが仲のよい少女たちにせがまれて、書き始めたことから生まれました。「鏡の国のアリス」はその一つです。自分の内面にある劣等な人格面を、これほど小気味よくさらけ出した作品もちょっと他に見当たりません。王女は、訳も分からず「首をはねろ!」とわめき散らします。童話ならではの迫力です。「不思議の国のアリス」もお薦めです。

バルザック/ドストエフスキーの経済感覚

バルザックでは、金貨が活躍する。バルザック自身がありとあらゆる事業に手を出しては失敗し、金に振り回され続けた作家だった。


「ウジェニー・グランデ」で、ウジェニーの父の守銭奴のグランデが、娘に譲ったはずの金貨をいとおしそうにじっと見つめる場面には、凄惨な迫力がある。


「絶対の探求」で、バルタザールの娘が、思わず金貨を弄び(金に困ったことのない人間の通弊であるが、この娘はちゃんとお金の有り難さを知っている娘である。)、それを床に落としてしまい、バルタザールがその音を耳ざとく聞きつけて、それをわたしにゆずらないならと、自殺を企てて、とうとうまきあげられてしまう場面は、金貨が持っていた実質的な価値が、ものの見事に表現されている。


ドストエフスキーでは、金は紙幣となる。


カラマーゾフの兄弟を読んだことのある人は、三千ルーブルの虹色紙幣が、固定観念のように頭の中に居座ってくる感触を覚えていることだろう。まるで、この小説は、この紙幣価値を基準として動いているのではないかと見る経済学者がいても、おかしくないくらいである。ちょうど、為替レートや株の相場という不思議な数字がわれわれの世界の経済活動の基準となってしまっているように。


スメルジャコフが、親父を殺し、三千ルーブルを奪ったことをイヴァンに自白した後で、じっとその三千ルーブルを見つめる場面は、バルザックとは違った意味の凄味とそして悲哀がある。


この金というものに、十分以上振り回され続けた作家は、却って、金というものの性質をほとんど本質的に掴んでしまって離さないように思える。


白痴では「レーベジェフの財布」が登場し、レーベジェフとイヴォルギン将軍との間を自在に行き来し、金が作者によって、思う存分その相対的で醜怪な性質を暴露されているのが見られる。


レーベジェフは、また、ナスターシャが燃やそうとした札束の大金を、ナスターシャに懇願して救い出そうとして、しゃしゃり出、ナスターシャに峻拒される男である。ナスターシャに札束を取り出すことを命ぜられ、「取り出したらあんたのもんよ!」と告げられる普通人のガーニャは卒倒して倒れる。小説では、その大金は無事に取り出されるが、金はallか0かの間を激しく揺れ動く。


そろそろ、ドストエフスキーの経済感覚によって、体系づけられた経済学が出てきても良さそうに思える。


マルクスやエンゲルスが、バルザックを深く学んで彼らの経済学を体系づけたように。