Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本やエッセイ、絵、現代詩などを載せていきたいと思っています。

「幻滅」バルザック 河出書房 &【お詫び】

【にほんブログ村やmuragonの設定に不慣れなために、読んで頂いている方々には、ご不便をお掛けしております。どうぞ、ご容赦のほどを。<(_ _)>】


幾重にも織り巡らされた物語の筋が、最高潮を迎えて、一挙に一点に集中し、破局します。リアリズム作家バルザックの苦り切った顔が見えるようです。バルザックは、自分のすべての作品群を、ダンテが自分の「神曲」をコメディーと呼んだのにあやかり、「人間喜劇」と名付けました。この「幻滅」は、その「人間喜劇」の中でももっとも苦い味のする人生喜劇です。