Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本やエッセイ、絵、自作詩などを載せていきたいと思っています。

自作詩 知人の訃

その人は甲高い声で
とある文章の是非を論じていた


眉を吊り上げ鼻の穴を膨らまし
性急にその文章の作者の不誠実を難じた


その人にとって文章の難解はそのまま
作者の不誠実であった


論理の糸は単線で屈曲を欠き
あちこちの壁にぶつかった


通念の鎧で覆われた感性は柔軟な動きを成し得ず
複雑に折り畳まれたニュアンスを
解し得なかった


矛盾があらわれた


その人はついにそれを解決しなかったが
幼年時代という王国を見出した


その人はそこで残りの限られた命を過ごし
一冊の本を著した
秋も深まっていく頃であった


食いしん坊ではあったが食通ではなかった
わがままではあったが無心にはなれなかった


荒削りな自我がそのまま突き通された生であった
それは幸福というものであったろうか


中村さんの霊よ
安かれ