Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本やエッセイ、絵、現代詩などを載せていきたいと思っています。

「知られざる傑作」バルザック 岩波文庫

フレンホーフェルという金持ちの老画家の話です。彼は、熱っぽく絵について語り、瞬く間に一枚の見事な絵を描いてしまうような腕を持っていますが、少し風変わりなところがあります。十年来、ある絵に没頭し、それが自分でも傑作かどうか判じかねているのです。ある機会があって、思い切ってその絵を信頼している画家の仲間に見せます。拍子抜けしたような画家たちの様子を見て、フレンホーフェルは絶望し、「わしはただの金持ちの絵描きにすぎない!」と叫んで、その絵を焼き、自殺してしまいます。美に呪われた男を描いたバルザックの傑作短編です。ちなみに、セザンヌは尊敬する画家として、このフレンホーフェルを挙げています。