Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本の紹介文やエッセイ、絵、人物画、現代詩などを載せていきたいと思っています。

エッセイ 内田光子のモーツァルト

現在、日本のピアニストで、こんなに見事にモーツァルトを弾きこなせる人は、彼女くらいだろうと思って、好んで聞いている。協奏曲のアルバムの謳い文句には、Greatという言葉が使ってあったが、その言葉を少しも裏切らない非常な出来映えである。モーツァルトのピアノソナタのCDも、実にいい。


それにしても、このモーツァルトという怪物的天才の音楽は、また、何の気もなく一聴するだけには、なんと当たり前な平凡なものとして聞こえることだろう。そうして、聞き込んでいく度に、いよいよその偉大さや輝きや新しさが増すとは、いったいどういう訳だろうか。なんの抵抗もなく、神のような音楽家と言ってしまいたくなる。


もちろん、モーツァルトは神ではない。その人生は、生活無能力者と言いたくなるような、無惨な、あまりにも人間的なものである。


内田光子のモーツァルトのヴァイオリンソナタなどは、まだ未聴である。どんな出来映えなのか、今から期待している。