Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本やエッセイ、絵、現代詩などを載せていきたいと思っています。

エッセイ モーツァルト「レクイエム」

わたしは、モーツァルトの「レクイエム」が好きでよく聞くという人が、信じられない人間である。先日も、モーツァルトの「レクイエム」が好きでよく聞いているという人に出会ったが、わたしは、この人はモーツァルトという人と音楽をまるで知らないなと心ひそかに思ったものである。


安藤美姫だったと覚えているが、「レクイエム」を伴奏にして、フィギュアスケートを踊ったことがあった。わたしはごく真面目に、命がけだということは分かるのだが、心底やめてほしいと思ったものである。若い人にそのことを言うと、笑われたものだが、モーツァルトという人と音楽を知っていたら、これは何かの伴奏になるような音楽ではないということは明々白々だと思っている。


要するに、好き嫌いで云々できる音楽ではないのだ。死に対する強烈な畏敬の念を感じなければ、近づけない音楽なので、わたしはこの曲はよほど決心してからでないと聴けない。テレビで鳴っていたら、すぐチャンネルを変える。


世の中や芸術には、好き嫌いで片付けられないものがある。徳川家康が嫌いだという人も単なる偏見だと思っている。彼は、国宝級の人格の持ち主である。