Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本やエッセイ、絵、現代詩などを載せていきたいと思っています。

「弘法大師とその宗教」菊池寛 大東出版社

菊池寛が、同郷の偉人弘法大師の「十住心論」を学んで書いた書物です。菊池は、真言宗弘法大師の特に「即身成仏」の思想に注目します。これは、人間に非常な勇気を与える思想ではないかと感服します。菊池は、「弘法大師の小説も戯曲も書けなかった。しかし書こうと努めたおかげで、弘法大師のことをいろいろ知ることができた。その知ったことについて率直に語るのだ。」と言います。梅原猛の空海についての著作よりもずっと前の時代のことです。しかし、本書の終わりの方で、半ば冗談で言っているのか本気で言っているのか分からないような言葉が出てきます。殊に、仏法を捨てて羅漢となり、輪廻の輪から抜け出てしまうのは、地獄に落ちるよりも悪いことだと説かれる件にそういう言葉がでてきます。人間、菊池寛の人柄も十分に味わえる得難い書物です。