Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本の紹介文やエッセイ、絵、人物画、現代詩などを載せていきたいと思っています。

エッセイ きれぎれ草 15 <詩片>

永遠は取り付くしまのない、のっぺらぼうのようなものであってはいけない。例えば、それは肌に染み込んでくるような、海に沈む太陽でなければならない。


     〇


おそらくは数学の上での最上の遊戯である将棋


     〇


言葉は死なねばならない
意識の尖頂から軽やかに身を投げねばならない
そうであればこそ
詩人の心は健やかであるのだ


     ○


鳥は空を飛びながら
風のかたちになろうとしていた


    〇


言葉が実を結ぶとき
自分というものの扉が閉じる気配がする


    〇


ある几帳面な男 舞台で
彼は自分の尻尾をやっとのことで掴まえた
観客はどっと笑った
それで、彼は目が覚めた