Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本の紹介文やエッセイ、絵、人物画、現代詩などを載せていきたいと思っています。

「賭博者」ドストエフスキー 新潮文庫

ドストエフスキーは自身を省みて「私はあらゆことにおいて限度を踏み越える人間だった」と述懐しています。ルーレットにはまると、靴下まで賭けてしまうというところにまで行くほどでした。この作品はドストエフスキーが口述したことを筆記し、即製されたものです。借金を返すためのやむを得ない事情からでした。賭博者というものは金が目当てでギャンブルをするものではないということを、これほどよく分からせてくれる小説は他にないでしょう。ドストエフスキー作品中の佳品です。