Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩などのブログ

おすすめ本の紹介文やエッセイ、絵、人物画、現代詩などを載せていきたいと思っています。

エッセイ 金という全応態 <聖書の言葉>

全応態とは聞き慣れない言葉だが、聖書(キリスト教では旧約聖書)の言葉の正訳を心掛けようとして、こういう言い方になった。もちろん、造語である。もっと、いい言い方があればそれにするのだが。


聖書中のもっとも哲学的な書と言っていい「伝道の書」の中に「金はすべてのことに応じる」という言葉が見える。


これはその通りなのであって、聖なる書の言葉として重んずるべき言葉である。


ただ、世の中は、例えば一世代前の「健康な肉体に健康な精神は宿る。」という言葉のように、誤訳が横行するもので、この言葉は、プラトンの「健康な肉体を持っている者が、健康な精神を持っているとは限らないが、精神が健康である者は肉体が健康であることを望む。」という言葉の明らかな誤訳である。


「金はすべて。」という現代、横行している言葉は、従って、この聖書の言葉の、およそ堪え性のない心から生み出された中途半端な誤訳だということが、これで分かるだろう。


「応ずる」のであって、「応」という言葉からも明らかなように、決して物事の中心に来るものではない。また、金は先に来るものでもない。大事な話に、なればなるほど、金のことを先にしてしまっては、話がおかしくなる。金は最後に来るべきものである。資本主義者さえ、「私はキャピタリストだ。」と断ってから金の話をする。


昔、「金は嫌いだ。」と公言して憚らない知人がいたが、なんのことはない事業が成功して、残念ながら、プチブルジョアになってしまった。彼は、今でも昔の自分の言を覚えているだろうか。ただ、理屈はなんとでも付くものだが。


むずかしいのは、思想を実践することだが、思想の実践は、砕けた言い方だが、どうしても我慢を要するもので、それが本当の思想か、単なる観念に過ぎないかを見分ける明白なしるしとなる。言わば、我慢というものをするに耐える精神を持っているかどうかに帰するようである。


だが、事、金の話となると、実生活の基盤中の基盤であるから、これを我慢するには相当の覚悟が要る。無論、覚悟のないところに思想など生まれはしないが。


江戸時代の儒者は、その点、偉かった。儒を教養とした武士の伝統があったからこそ、「金は汚ないもの。」という言葉も生まれたのである。落語にもよく出てくる、この健康な精神をあらわす言葉は、現代、死語になりつつある観がある。残念なことである。


金に清廉であるということは、一種の徳である。義に通ずるからである。